株式会社マエダ総業 相場見通し
【 2017年 11月   21 日 (火)国内 銅:亜鉛 建値:@円/Kg(Kg円/ 改定日) 】  
★ 銅 @810−( 前回比 :+10円11/21) ★ 亜鉛 @409−(前回比 :変わらず 11/21)  ★ 黄銅切粉一般基準価格 : ( 前回比:+6円11/21)
【ご注意】  
※上記の<建値>は各種の銅や亜鉛又はその合金の単価を決める基本の価格です。品物の状態により上記に%を掛けて銅屑や真鍮屑、亜鉛屑や亜鉛合金屑他の単価が決まります。     
【 お取引の重要ポイント!!  正確! 高価格! 安心!  安定! 迅速!   】 
弊社は創業以来60年を超え安定したお取引を頂いております。設備も充実し社員も年齢は若いながら性格は明るく十分な経験を積んでいます。(入社11 年〜38年:平均年令36歳(役員除けば31歳):ここ13年で退職者は1名)安全第一を重視し、自動車免許は勿論、現場作業で不可欠な重機、フォークリフト(全てクランプ回転リフト)、ショベルの年次検査及労働安全衛生法の技能講習を社員全員が全て修了しており(万一の場合車両の検査不良やオペレーターが無資格だと保険の下りないケースも有ります。ご注意下さい!)お客様のコーポレート・ガバナンスの向上と御満足頂ける安全で迅速な対応が出来ると自負しております。計量器(全てデジタル式)は台貫は勿論、移動式デジタル計量器も2年に一度の国の検定を受けており信頼できる計量で御安心頂けます。また、本社及三郷営業所は自社所有で、安心で安定したお取引を頂ける事と思っております。既存のお取引先からの変更等をお考えなら是非一度ご連絡を頂けます様お願い申し上げます。  *互いに生き残る為に全力でご協力致します!!
【御連絡】貴金属!レアメタル!アルミ!ステンレス!銅!真鍮!超硬!鉛!丹入(亜鉛合金)!他全ての金属に対応!少量混載歓迎!!全ての商品の単価に自信が有ります!是非、お問い合わせを!    
【本日の市況】 
方向を決める材料に欠ける中で為替が円安となり銅は若干強含んでいますが今まで同様にレンジの上げ下げとなりそうです。中国の調停も不発に終わりアメリカが再度北朝鮮をテロ支援国家とした事で地政学的な緊張の高まりが懸念され、先行きの金属相場の売り材料になりそうです。中国の景気の失速やアメリカ、ドイツの政治的な不安定さも材料と成る可能性が有り注意深く海外の動向を見守る必要が有りそうです。国内では年末を前に各金属共に在庫調整の話題が出ており、来月には早々にメーカーの買入が終了となり市中の相場の重石となりそうで、全てが不安定さを増す中で早めの売りが有利となりそうです。中国向けの輸出も成り行きが不透明で、発生が減少すると言われる中でも売り先確保に苦労しそうです。LMEの銅の在庫は減少しても上海の在庫が増量して相殺される状況で本日も方向感の無い動きの中で様子見の売買が続きそうです。
【短期の相場状況】 ↑強含み ↓弱含み →横這い 
◆ 銅 :真鍮系→◆ アルミ系→ ◆ NI系ステンレス→  ◆ クロム系ステンレス →     ◆ 鉄→ ◆ 輸出向再生原料→ ◆ 亜鉛:丹入→ ◆ 鉛 →     
【2017年 11月 第 4週目 相場景況】 ※銅:真鍮:ステンレス:アルミ全般高価買い入れ!単価のお問い合わせをお待ちしています。
先週は投機的なニッケルの急騰、急落の乱高下に連れる動きで銅は下げとなりましたが銅の動きは底堅さも感じさせニッケルの落ち着きを見れば買い戻しも期待されます。アルミも同様に底堅く国内相場は為替の動き次第となりそうです。ここの処、アメリカの利上げ後の円高が目立ち、織り込まれているとは言え実際の利上げ後の円高が警戒されます。早いもので今年も残り少なくなりメーカーは早々に年末年始の在庫調整を打ち出しており、来月の中頃には売り先に困る状況が懸念されています。中国向けの輸出品の動向も不透明感が強く、銅の相場上昇を受け中国の規制が緩むとの見方も有りますがなって見なくては判断できない手探り状態と言えそうです。物作り日本と言われた信頼も今は昔で、大企業の不正が続く中で国内産業の生産の落ち込みが懸念されますが、あらゆる影響が年明け後に出ると言われており、売り先難が更に深刻となりそうです。今は年末や相場に関係無く売れる時に売っておく時代になったと強く感じさせられます。今週もレンジ内の上げ下げとなるとは思いますが、買い手がいる内に売ろうとする動きで上値は重く下げ易い状況となりそうです。
【2017年  11 月  相場予想  】限り有る資源を未来に残す!循環型社会へ!!
中国の党大会や日本の選挙も終わり、これから政治的な駆け引きが強まりを見せ難しい判断が続きそうです。沈黙を続けていた北朝鮮が本格的に動きを見せ始める事は確実で、緊張感の中で見守る日々となりそうです。中国では重要な党大会を終えた事で各分野での規制が強まりを見せる事が予想され、景気の落ち込みは避けられそうに有りません。加えてEUでもアメリカでも出口戦略に向けた動きが強まり金利上昇による景気の落ち込みも懸念され年末から年明けに向けた相場の落ち込みとなりそうです。トランプのアジア歴訪期間が北朝鮮の狙い目と誰もが思う処で、太平洋での水爆実験が強行されればアメリカの空爆の可能性が強まる等、徐々に緊張感が高まりリスク回避の売りも考えておく必要が有りそうです。投機の売り買いは切っ掛け待ちで大きく動く可能性も有り、レンジを抜けた動きは考え難いとはいえ注意は必要となりそうです。国内では大企業の不祥事が続き、政治を含め何かが腐っていると感じます。誰がなっても変わらない…大企業も中小企業も同じ様なもの…諦めの言葉が多く聞かれる中では努力もやる気も出そうに有りません。諦めの気持ちが後継者を失い廃業や倒産を増やしていると感じても打つ手も有りません。多くの分野で今まで以上に品質にこだわりを見せる事は避けられず、スクラップの使用度の落ち込みまで心配されてきます。人手が足りない中でスクラップを使うリスクを避ければ今まで以上に荷余りを起こす品が出る事も考えられ、指標以上の市中の相場の落ち込みを警戒する必要が有りそうです。今月からは景気の落ち込みに加えて検収の厳しさでの荷動きの停滞による相場の下落も考える必要が出そうです。
【この相場見通しは、皆様にお知らせする事で自分自身に勉強を強いる目的で始めました。皆様の相場判断の一つの材料にして頂ければ幸いです。】